スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 Raskas Joulu @ Tavastia (20.12.2008) K18

1部が終ったのが20時45分頃だったと思います。とりあえず、会場からいったん追い出されます。そして、”掃除”等が行なわれて、再び入場と言う形。去年は、またドアーの前に場所を確保の為に並んでましたが、今年は、友達とみんなでILVESのバーに足を運んだ。みんなとライブの話しで盛り上がり、2部の方に参加をするメンバーを待ってた。2部はちなみにソールドアウト状態。お腹もすいてたので、隣の中華へ行き、ライブ会場に入ったのが22時30分頃だった。2部の方には、ウルグアイ人のレオさん、スペイン人のアルベートさん、あっちゃん、サムライ、フィンランド人のカタリーナちゃん、サニーちゃんに、ドラアキさん。会場に入ったのが遅かったのに、前がガラガラ。。。ええええ?大人の部は、やっぱりお酒の方に力もいれているのでしょうか。バーの方が混んでいたなあ。。。

私達は、2列目でエルッカさんの前に場所をゲット。エルッカさんのソロは、生でしっかりみたいので。。。あの彼のソロで”酔っている”表情が妙に好きな私です。しかし、問題がひとつあった。1列目で私達の前にいたカップル。。。これがめちゃデカイ二人でした。実は、普通のサイズを言っているのではなく、縦も横もデカイ二人でした。IRON MAIDENのジージャンをしっかり着て、おとなしくしてましたが。。。マルコ様が歌う時は、かなり暴れてた。

ライブ開始の曲も始まり、前回の1部との違いは、声のトーンでした。男性軍が多い為か、ウオオオオ!とうなっている声が良く聞こえた。男達が”ヤルッコ!”とか、”マルコ!”と叫んでいる。こぶしをあげている。。。すっごいノリだあ!って感じました。そして、メンバーも次々と登場して来たが、1部よりドオオーンと構えている。メンバーもお酒も堂々と飲んでいる。(一応Sギッグでは水を飲んでたのに。。。このあたりきちんとしている!)K18ギッグでは、アリオ君抜きのメンバーで、ANTONYさんが登場。しかし、やっぱりアリオ君も出てきて、アントニー君DUETしてた。6名の豪華メンバーでライブが行なわれ、これは豪華過ぎる!ヤルッコさん、マルコさん、JPさん、ILJAさん、アントニさんにおまけにアリオ君も登場。アリオ君はニコニコしてた。1部のメンバー達の休憩中にドラムスのミルカ
さんのソロがあったのですが、それがめちゃ渋かったです。2部では、なんと、ヴィリちゃんのキーボードソロでした。ヴィリちゃんは、約5分ぐらいのソロを弾いて、みんなは”ハーハー”と息切れの所を、休憩。そして、Sギッグと同様とても力強いヴォーカルをそれぞれが披露してくれ、会場の男性軍のウオオオオ!が一段を激しくなって行った。そんな中で、ILJAさんは、K18では、さらにノリが良く、男達の笑い声も聞こえる。ほえている男たちが、ILJAさんの姿をみて、おもっきり笑って楽しんでいる。中盤まで問題なく、めちゃノリノリだったのが、後半、一部のお客さまのお酒の量が。。。ちょっと増えて、ギュギュー押されたり、ビールがかかったりと。。。横のおねえちゃんに”もっとアグレッシブに押して、あなた達も前にいけば良いのよ!”と説教され、思わず、”は?”状態。そして、最後は、船に乗っている状態のユレユレ状態に押されて、ビールがかかって来た所で、友達が2名が出た。そして、もう一人も”もうダメ!”と言って出た。しばらく、私は、ライブを聞いてたが、やっぱり、テンションが下がって行った。。。ユレユレはやまず、ひどくなるばかり、後ろで誰かが”エルッカ!おい、エルッカ!”と話しかけている。(エルッカさん、聞こえる訳ないのに。。。)テンションがゼロまで下がり、私も出た。そして、バー側の方から残りの3曲を聞いた。

今回は、マルコ様のAVE MARIAで終った。そして、ライブが終って周りの声をそれとなく聞いていると、多くの男性達が”あのレゲの頭のヤツ最高だな!”と言う声だった。そうです、ILJAさんの事です。ドラアキさんも帰り際に、”アイツ最高に好きだ!どこのバンド?”と言って帰った。(うんうん、ドラアキさんが絶対好きになるタイプだね、KIUASだぞお!)サニーちゃんからKIUASは日本行った事あるで!と聞いてびっくり。友達と話ししてたのは、やっぱりライブ中は、客のお酒持込みは禁止してほしい事。マナーがやっぱり悪い。飲むなら、バーで飲んで、ライブを聞くなら、ライブを聞くとやっぱりしてほしい。(無理な事なのでしょうか。)そんなこんなで、メンバー達が次々とバーに登場して来て、写真をまっているファンがたくさんいた。メンバーは笑顔でちゃんと対応してた。そんな中、いつも車椅子でライブに来ている女の子がいるんだけど、彼女の姿を見る度フィンランドだなあ!と感じる。日本では、車椅子にさえ会うことないじゃないですか。それがライブ来て、ちゃんと場所も設けられて、ちゃんとあたり前の事をみんなと同じようにしている、それって、すばらしいなと思いました。

一緒にライブに来たウルグアイ人のレオ君もスペイン人のアルベート君は、興奮して、”最高やった!”と言ってくれて、”ああああよかったああ!”と本当に嬉しかった。ウルグアイ人ですよ、地球の反対側からここフィンランドに勉強しに来てて、クリスマスは寂しい、何かフィンランドらしいものがみたい!と言った彼をすぐに誘った。彼が興奮して、”フィンランドは、最高の音楽がある国だ!”と言った瞬間、感無量。。。スペイン人も今日メールで、こちらの通り。”yes, I liked the gig a lot... I like heavy rock in general and the concert was great paljon!! thanks for the advice about this, was a good discovery!!!”(とてもギッグが良かった。ヘヴィー音楽は好きだし、ライブは最高だった。連れて行ってくれてありがとう、良い発見が出来た)と書いてくれて。。。ああ、良かったと。私の願いは、これだなって思った。フィンランドの良い音楽を世界中の人達に聞いてもらいたい!これのみです!

そして、ドラアキさん、楽屋にお寿司をいれて下さってありがとうございます!ヴィリちゃんから連絡があり、くれぐれもKIITOSで、メンバーみんなで食べ切ったとの事です。KIITOS AKI!
ヴィリちゃんがちらりと”ライブ最後あたりは、もう鍵盤の上に寝てしまうと言うほどしんどかった。5本連続のギッグはかなり疲れた”と話ししてくれたが、確かに最後あたり、エルッカさんも足元がフラフラしてた。。。みんなお疲れ様でした!最高のライブだった。
ちなみにヴィリさん情報によると、来年もこの最高のメンバーでいくそうです。楽しみです。

また来年への楽しみがひとつ増えました。

それでは、良いクリスマスを! RASKASTA JOULUA !!!

ちなみに一部のクイズの答えですが。。。
3本のもみの木がどういう意味を持っていたか。。。もみの木はフィンランド語では、KUUSIと言います。フィンランド語で、KUUSIは、数字の6と言う意味もあります。3本のもみの木、それは、KUUSI,KUUSI,KUUSI 。。。”666”と言う意味です。
メンバーも良くここまでさりげなく考えたな!と感心。。。。

RASKAS JOULU @ TAVASTIA (20.12.2008) S-gig

と言う事で待ちに待ったダブルギッグのTAVASTIAです。Sギッグ(いわゆる年齢制限もない)は、19時開演予定だった。その前に友達と集まって、食事したり、一杯したりと。。。かなり騒いでおりましたが、前回のヴァンターのRJライブですっかりはまったミネちゃん登場。そして、今回は、ライブ全く初めてと言うレイレイちゃんも登場。レイレイちゃんも嬉しそうで、こっちまでウキウキ状態だった。サムライは仕事があったが、遅れて登場した。ライブ前にILVESでアリママ、パパと一緒にいて、レイレイちゃんが早速”アリパパ素敵!”と。。。いつもそうなんですが、アリちゃんがいても、パパの方が人気と言うのは、一体どういう事?!一層パパが歌ったら?って感じです。しかしパパさんは、人の良さが顔に現れている方、いつも笑顔で、みんなに話しかけて、気遣いも本当に半端ではない気がする。私達は、少し離れたテーブルで一杯をしてたら、ママが”あんた達、こっちに一緒に座りなさい!”と。。。一応日本人なので、遠慮をしてました!。。。とみんなでブツブツ言ってたら、”何を言う!こっち来なさい!”。。。(命令をされたら、いくしかないっか。)

みんなで話ししてたら、KINGが登場した。そうです、マルコ様が登場して、フィン人がドバアアアアと彼にかぶりつき状態。マルコ様に思わず、握手を求めたミネちゃん。”素敵な方ね、彼。。。”と目が泳いでた。ミネちゃんマルコ様って誰か分かってたかな?レイレイちゃんは分かっていなく、”この人誰?”と目がキラキラ。マルコさんは、カメラに囲まれて、”なんか、動物園のパンダ状態!”って私は冷静にこの場を眺めてた。でもマルコ様の。。。素敵におひげから、太ももをみて、”こんな年のとり方、ええなあ”と真剣に思った。渋い。渋すぎ!パンダが楽屋に消えて、会場の方に向かった。しばらくして、サニちゃんも登場。そして、ちょうど真ん中あたりに場所をゲット。お子ちゃまが多い事。。。

そして、19時にライブが始まった。イントロの歌に合わせて、みんなパチパチ状態。ステージには、もみの木が3本並んでいた。(去年より、少し予算があったとみた!)
いきなりステージに現れたのが、JARKKO AHOLA(Teräsbetoni, Northern Kings)。。。テンションもめちゃHIGH状態の彼。ニコニコしてて、気持ち良く、楽しく歌っているJARKKOさんはめちゃ素敵。
そして、次に紹介されて出て来たのが、ARIちゃん。若いキイイイイイイの声ですぐ分かる。客の反応で誰が出てくるか分かるのが、このライブの楽しみのひとつでもあります。アリオは、普段、ANTONYさんが歌っている"Heinillä Härkien"を歌った。風邪でかなり熱もあったと言われるアリオ君ですが、ちゃんと声も出てたし、楽しくやってた。違うヴァージョンを聞けてラッキーでした。次に登場したのが。。。ILJA君(Kiuas)でした。この人。。。。初登場なのですが、最高でした!一瞬、ILJAちゃんは、”お笑い系”と思わせるほど、観客をまとめて、笑わせて、聞かせてと言う、本当にかなりのショーマンだと思いました。アリオは結構前から”ILJAは最高だから、KIUASは最高だから!”とずっと言ってたのですが、今回でその意味が分かりました。今回のRJツアーで恐らく、彼はとてもポジディブな要素を持ち出して来た気がしました。ILJAさんが次にヅエットの相手として呼んだのが、JPさん(Charon, Northern Kings)。。。なんともいえないボーカリスト二人で、男らしいパワある声で歌いこなした。次々とボーカリストは変わり、またキイイイイイイと叫びが、アリオだあ!と。(ちなみにほかのメンバーの時は、ウオオオオオオ!と男の声が強いのです。)アリオ君が毛糸の帽子をかぶって髪の毛を全部中にいれて出て来た。横でサニーちゃんが”何あれ?”と。。。ちょっと。。。そして、日本にいらっしゃるサッチさんから預かってたプレゼント(Tシャツ)もしっかり着て登場。サッチさん良かったね!
そして、中盤から、またウオオオオオ!と男達がほえる。マルコ様が登場。いやあ、彼の存在感は、すっごいものだなと改めて感じた。ILJA君もその間で歌う事も合ったりして、彼は、登場しして”マルコやらヤルッコとか、そういうすっごいボーカリストを聞いて、これから、僕だよ、僕!ごめんな、まあ、この顔でもみてやってよ!我慢してくれよな!”って変なポーズを取って、突っ込みをいれて、みんなをわらかしてくれる。吉本絶対向いている!って思ったのは、私だけ?

そんなこんなで最後の曲。。。定番の最後 AVE MARIA。。。これがなんっと。。。JARKKO様が歌って、私はしびれました。とてもうまかったです、最後の部分で、音をさらにあげて、独特な声が響き渡って、ステージから去った。素敵すぎる!

友達もみんな満足状態で、ああああ、終った。。。ちなみにセットリストは下記の通り。
Me käymme joulun viettohon - Jarkko
Heinillä härkien - Ari
Sydämeeni joulun teen - Ilja
Joululaulu - JP ja Ilja
Nissepolkka - JP
En etsi valtaa loistoa - Jarkko
Oi Jouluyö - Ari
Kun joulu on - Ari
Pieni rumpali - Marco ja Jarkko
Ilouutinen - Jarkko ja Ari
Sylvian Joululaulu - Marco
Varpunen Jouluaamuna - Marco
Petteri Punakuono - JP
----
Tonttu - Ilja
Ensimmäinen Joulu - Marco
Ave Maria - Jarkko


さてここでクイズです。
ステージに3本のもみの木がありました。なんの意味があったのでしょうか。(次は、K18ギッグ)

続きを読む »

Raskas Joulu @ Kultakaivos (ヴァンター) 29.11.2008

待ちに待った、ラスカス・ヨウルライブ。。。これは、恐らく私の中では1番楽しみにしているライブかも知れないぐらい大好きなのです。今日は、朝から雨模様。夕方から既に友達のクリスマスパーティの参加もして、ヘルシンキ市内で今回の初めてライブに来るミネちゃんと待ち合わせ。そして、常連サムライも車で登場、3人でヴァンターまで向かった。偉い田舎の何もない所を走り、一体どこにあるんだろうね。。。とブツブツ言ってたら、Kultakaivosと言う小さなパブに到着。
まだ22時前だった為、パブに入る事も出来ず、隣のパブでカラオケをしているのは、なんと、アリパパでした。そこにしばらくいて、22時になったとたん、会場の方であるパブに移動。初ライブ経験のミネちゃんもキョロキョロ、落ち着かない様子。そして、じわじわと人が集まる。開演が24時と言う噂がとび、”えええ?”と。ビールでものみますっか?状態でまったりと開演を待つ。

そして、23時45分あたりで、じわじわと人が舞台の近くに寄り始める。ミネちゃんとせっかくだから、前の列にいくか?となり、最前列。最前列に立って初めて、舞台の狭さ。。。まさにアリオ君が言ってたニワトリ小屋状態。(ゲゲゲ、何も起こらなければ良いが。。。)そして、舞台の高さは?それが、全くない!同じ高さで、後ろは恐らく何も見えない状態。(この前の清水の舞台と極端すぎて・・・)
私達は、ヴィリーちゃんの前。そして、横にかなり酔っ払っているフィンランド人のおねえちゃんがいる。やばいやばい。。。

そして、24時にクリスマスソングが流れ、照明がキラキラ。。。おおおお、始まるぞ!とドキドキ状態。そして、バンドメンバー登場で、一番手のヴォーカルは、Machine MenのAnthony Parviainen。
めちゃめちゃ安定したヴォーカル、カリスマ性あり、渋い!。。。友達もニコニコしている。侍が”あれ、去年、刺青がすっごい入ってた人か?”と聞く。そうそう、Anthony様。ラスカス・ヨウルは、ヴォーカルが、2、3曲歌って、次に交代するシステム。それをおよそ、2、3ラウンドする。Anthonyのあとは、2番手は、Spumantti CrushのLuca Garganoが登場。ルカさんは、華が咲きまくり!テンションもいつも以上にHIGH。調子もめちゃ良い。会場のみんなにも歌わせたり、とても盛り上げる。そして、3番手は、Ari Koivunen。アリオが出てくると、会場は、ギャアア!と偉い声援。恐らく1、2列目は、アリオファンのみだった気がするぐらい、すっごい興奮ぶりだった。ヴォーカル的にアリオも安定しているが、何か落ち着かない様子。(やっぱり鶏小屋か。。。)

実は、アリオ君が登場する前に思わぬハプニングがありました。

続きを読む »

RASKAS JOULU ツアー2008、最終スケジュール&メンバー決定!(おまけ付き!)

こちらヘルシンキもいよいよ雪が降り始めたが、すぐに溶けました。しかし気温は、マイナス5℃です。さて、RASKAS JOULUツアーもたくさんの地方のファンから”私達の街にも来て”リクエスト等に答えようと、一生懸命なエルッカさんがいた。あれだけのメンバーの日程調整はさぞ大変かと思います。

しかし、こちらの日程、ヴォーカル担当が決まりました!


ヴォーカル担当:

Jarkko Ahola (Teräsbetoni)
Luca Gargano (Spumanti Crush)
Marco Hietala (Nightwish, Tarot)
Ilja Jalkanen (Kiuas)
Tony Kakko (Sonata Arctica)
Ari Koivunen
J-P Leppäluoto (Charon)
Antony Parviainen (Machine Men)


ライブ日程、場所、ヴォーカリスト:

24.11 - On The Rocks, Helsinki (Private Party) (Ari, Antony, JP)
28.11 - Z-One, Varkaus (Ari, Antony, Luca)
29.11 - Kultakaivos, Vantaa (Ari, Antony, Luca)
03.12 - Lukion kulttuurisali, Mäntyharju (S) (Ari, Antony, JP)
06.12 - Woodoo, Imatra (Ari, Antony, JP)
11.12 - Klubi, Turku (Jarkko, Ari, Ilja)
12.12 - Jyväshovi Night, Jyväskylä (Ari, Antony, Ilja)
13.12 - Osmantupa, Eura (Ari, Jarkko, Ilja)
17.12 - Klubi, Tampere (Marco, Jarkko, Ilja)
18.12 - Puijonsarvi, Kuopio (Marco, Ari, Ilja)
19.12 - Bar & Night Vaakuna, Mikkeli (Marco, Ari, Ilja)
20.12 - Tavastia, Helsinki, Tavastia (S) (Marco, Jarkko, Ari, Ilja, JP)
20.12 - Tavastia, Helsinki, (K-18) (Marco, Jarkko, Antony, Ilja, JP)
25.12 - Umpitunneli,Tornio (Ari, Antony, JP)
26.12 - Taiga, Ylläsjärvi (Ari, Antony, JP)
27.12 - Hullu Poro Areena, Levi (Tony, Ari, JP)
28.12 - Hullu Poro Areena, Levi (Tony, Ari, JP)


バンドメンバー:

Erkka Korhonen - ギター
Tuomas Wäinölä - ギター
Mirka Rantanen - ドラムス
Erkki Silvennoinen - ベース
Vili Ollila - キーボード

前回の記事でドラムスをマウロちゃんと書きましたが、どうも。。。今年は違ったようです。大変失礼いたしました。ドラムスのミルカさんは、FUEL FOR THE FIREのアルバムでドラムス担当でしたね。パワーあるドラムスが聞ける事が間違いなしですね。

そんな中、彼らのトレーニングが始まっていると書きましたが。。。おまけをこちらでどうぞお楽しみ下さい!(ちなみにビデオ撮影をしているのは、アリオ君です。最後にとてもお茶目な顔をしてくれますよ!)

ちなみに、私の一番好きな曲は、こちらです。一番前に日の丸が見えますね。。。ホホホホ。今年もやりますっか!

たくさんのビデオが右側に出てますので、一足早いRASKAS JOULUを是非お楽しみ下さい!

23.10.2008 On The Rocks (ヘルシンキ)

さてさて、お待たせいたしました。って、誰も待ってないって?!
久々のヘルシンキライブとなりましたが、今回は、日本からMちゃん事、ミカさんもフィンランドヘ遊びにきました。当日は、かなり忙しくいろんなアクティビティがあったミカちゃんも”持つかな。。。”と実は、私はずっと心配をしてましたが。。。やっぱりでした。ガアアアアアア・・・・・ン

ライブ前の腹ごしらえはカンピのバスターミナルにある中華ファーストフード屋。”あそこは安いし、うまいから”とサムライが場所を決めてくれた。腹ごしらえには、日本人男性が3名、そして女性が2名。
他愛のない話しをして、21時30分にいく所もないし、会場にいくか。。。と言う事でON THE ROCKSへ足を運んだ。懐かしいON THE ROCKS。。。ミカちゃんに取って前回のOTRは”ガアアアアン”だったから、今回はどうなることやら。。。と言う感じで中に入ると、先ずはトイレ!

ステージ前にあるカウンターをゲットしてペチャペチャ話していると、アレ?誰かが寝ている。えええ?やっぱり。。。疲れがピークか?ミカちゃんは眠りに誘われて、眠り姫状態。
ドンドンと仲間達の顔が。。。ドラアキさんも彼女を連れて登場、大学生もレポートを書き上げて登場、会社帰りで来て下さったサラリーマンもいる。。。一回家帰って出直して来てくれた親友も来てくれた。日本人、なんと10名ほどいる。そして、いつもライブ開始の遅いフィンランドですが、今夜は23時と言う情報をゲット。

時計を見ると、23時10分。。。スモークがモクモク出て来た。いつものイントロが始まり、メンバーが出て来る。余裕の態度のアリちゃんを見て、サムライと二人で爆笑する。”なんや、あの態度!”とゲラゲラ。。。そして、ミカちゃんはなんとか目を覚ますが、このまま起きるか、寝るか、みんなどっちだと思いますか。


ちなみにライブ前の態度のLのアリ君。
ak@otr 23.10.2008

彼も成長したと言うか。。。今夜のライブには、特別ゲスト付きですよ。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。