スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のアルバムを評価するアリ・コイヴネン

アリ・コイヴネンは、インタビューで自分のセカンドアルバム”Becoming”を評価する事になった。
6月に発売されたセカンドアルバム”Becoming”は、発売して、すぐフィンランドチャートで1位となり、現在も10位以内にいる。

”今日も自分のアルバムを聴いていたのだが、”違う、そうじゃない!”と思う箇所が必ずある。”と話すアリ君は、”ファーストもセカンドもあまりにも短期間で作った。はっきりいうとむかついた。もっともっと時間をかけて、ゆっくりやりたかった。そして、全曲自分達のものにしたかった。”

ファーストアルバムでは、NightwishのマルコさんやStratovariusのティモさんと言った方々からの曲が提供され、それに関しては、アリ君は”もちろん感謝しているよ。俺だって誰にでも自分の曲を提供しないからね。。。”とコメント。

記事はこちらをどうぞ。

レコード会社も色々”作戦”もあるんだろうが、確かに3ヶ月で作り上げるのはきついなあ。
2年目、まだまだこれからです。自分のペースを見つけて、ゆっくり進んで下さい。

日本戻っている時に、CMでサザンが活動をしばらくやめるやら、B'zがガンガンと”まだ健在”やら、夏だった為、いきなりチューブが歌ってたり。。。日本の懐かしいバンドが”まだ”健在で、なんかホッとしたと言うか、時の流れを感じたと言うか、自分が学生の時に聞いてたバンドが”まだ”歴史を刻み込んでいると思うと嬉しくなりました。ミカちゃんとジャカリコを食べながら”懐かしい”音楽番組見て、楽しんでしまった。(ありがとうダーリン)
しっかし、バンドを、音楽を、ずっと続ける事って大変な事だなぁって。。。

まだまだですなぁ。。。アリ君、頑張って!

061.jpg

092.jpg
(記事と写真は一切関係しておりません)
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

私もこの記事読んだ。・・・ってかあっちこっちに載ってたねぇ。
Ariちゃんが何か発言すればもうメディアがすごい!
確かにあのスケジュールは病的だったよなぁ。。。
次のアルバムはもっと時間かけて満足できるものが作れるといいね。
来年春には新アイドルも誕生することだし、アイドルのレッテルから脱皮できるといいねー。

No title

IDOLS優勝者になったんだから、1stは仕方ない。2ndもレコ社の言うこときかなきゃいけないんだろうから、まあこれも仕方ないっか。
そういう意味では、ツアーしながら曲づくり、短期間でこれだけの仕上がりになったことは、よくやったのでは、と思うけど。

まあ普通、ツアーしながらやるもんではないような気はするが。
本人も満足していないなら、その気持ちを次の作品にぶつけて欲しい。

有言実行してくれ。
ハングリー精神をもって。

(↓のDVD、アリにも観てもらいたいな。バンド稼業の厳しさを。。)
http://www.miraclevoice.co.jp/ramones/endofthecentury/index.html

ヒロさん

いやあ、本当にアリ君の言う事だと、なんであれだけ大きくバッシングと言うか、なんと言うか、すぐ話題になるかな。
不思議だわ。けど、新しいアイドルが出たら、またSONYも忙しいやろうし、そこからアリちゃんの見所かもね。なんかそう感じる。
アリちゃんにしかない、彼独特のものをこれからアピールせなね。

Mika chan

厳しい世界だなあ。やっぱり。ハングリー精神か。。。
この前二人でテレビみたやん?やっぱり日本のバンドをちょっと見ただけで、なんか、歴史を感じた。うん。。。よくみんなやって来たよね。よいおっさんだしね、みんな。。。
何がどうちがうの?と聞かれると難しいけど。。。何かが違ったな。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。