スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RASKAS JOULU @ TAVASTIA (20.12.2008) S-gig

と言う事で待ちに待ったダブルギッグのTAVASTIAです。Sギッグ(いわゆる年齢制限もない)は、19時開演予定だった。その前に友達と集まって、食事したり、一杯したりと。。。かなり騒いでおりましたが、前回のヴァンターのRJライブですっかりはまったミネちゃん登場。そして、今回は、ライブ全く初めてと言うレイレイちゃんも登場。レイレイちゃんも嬉しそうで、こっちまでウキウキ状態だった。サムライは仕事があったが、遅れて登場した。ライブ前にILVESでアリママ、パパと一緒にいて、レイレイちゃんが早速”アリパパ素敵!”と。。。いつもそうなんですが、アリちゃんがいても、パパの方が人気と言うのは、一体どういう事?!一層パパが歌ったら?って感じです。しかしパパさんは、人の良さが顔に現れている方、いつも笑顔で、みんなに話しかけて、気遣いも本当に半端ではない気がする。私達は、少し離れたテーブルで一杯をしてたら、ママが”あんた達、こっちに一緒に座りなさい!”と。。。一応日本人なので、遠慮をしてました!。。。とみんなでブツブツ言ってたら、”何を言う!こっち来なさい!”。。。(命令をされたら、いくしかないっか。)

みんなで話ししてたら、KINGが登場した。そうです、マルコ様が登場して、フィン人がドバアアアアと彼にかぶりつき状態。マルコ様に思わず、握手を求めたミネちゃん。”素敵な方ね、彼。。。”と目が泳いでた。ミネちゃんマルコ様って誰か分かってたかな?レイレイちゃんは分かっていなく、”この人誰?”と目がキラキラ。マルコさんは、カメラに囲まれて、”なんか、動物園のパンダ状態!”って私は冷静にこの場を眺めてた。でもマルコ様の。。。素敵におひげから、太ももをみて、”こんな年のとり方、ええなあ”と真剣に思った。渋い。渋すぎ!パンダが楽屋に消えて、会場の方に向かった。しばらくして、サニちゃんも登場。そして、ちょうど真ん中あたりに場所をゲット。お子ちゃまが多い事。。。

そして、19時にライブが始まった。イントロの歌に合わせて、みんなパチパチ状態。ステージには、もみの木が3本並んでいた。(去年より、少し予算があったとみた!)
いきなりステージに現れたのが、JARKKO AHOLA(Teräsbetoni, Northern Kings)。。。テンションもめちゃHIGH状態の彼。ニコニコしてて、気持ち良く、楽しく歌っているJARKKOさんはめちゃ素敵。
そして、次に紹介されて出て来たのが、ARIちゃん。若いキイイイイイイの声ですぐ分かる。客の反応で誰が出てくるか分かるのが、このライブの楽しみのひとつでもあります。アリオは、普段、ANTONYさんが歌っている"Heinillä Härkien"を歌った。風邪でかなり熱もあったと言われるアリオ君ですが、ちゃんと声も出てたし、楽しくやってた。違うヴァージョンを聞けてラッキーでした。次に登場したのが。。。ILJA君(Kiuas)でした。この人。。。。初登場なのですが、最高でした!一瞬、ILJAちゃんは、”お笑い系”と思わせるほど、観客をまとめて、笑わせて、聞かせてと言う、本当にかなりのショーマンだと思いました。アリオは結構前から”ILJAは最高だから、KIUASは最高だから!”とずっと言ってたのですが、今回でその意味が分かりました。今回のRJツアーで恐らく、彼はとてもポジディブな要素を持ち出して来た気がしました。ILJAさんが次にヅエットの相手として呼んだのが、JPさん(Charon, Northern Kings)。。。なんともいえないボーカリスト二人で、男らしいパワある声で歌いこなした。次々とボーカリストは変わり、またキイイイイイイと叫びが、アリオだあ!と。(ちなみにほかのメンバーの時は、ウオオオオオオ!と男の声が強いのです。)アリオ君が毛糸の帽子をかぶって髪の毛を全部中にいれて出て来た。横でサニーちゃんが”何あれ?”と。。。ちょっと。。。そして、日本にいらっしゃるサッチさんから預かってたプレゼント(Tシャツ)もしっかり着て登場。サッチさん良かったね!
そして、中盤から、またウオオオオオ!と男達がほえる。マルコ様が登場。いやあ、彼の存在感は、すっごいものだなと改めて感じた。ILJA君もその間で歌う事も合ったりして、彼は、登場しして”マルコやらヤルッコとか、そういうすっごいボーカリストを聞いて、これから、僕だよ、僕!ごめんな、まあ、この顔でもみてやってよ!我慢してくれよな!”って変なポーズを取って、突っ込みをいれて、みんなをわらかしてくれる。吉本絶対向いている!って思ったのは、私だけ?

そんなこんなで最後の曲。。。定番の最後 AVE MARIA。。。これがなんっと。。。JARKKO様が歌って、私はしびれました。とてもうまかったです、最後の部分で、音をさらにあげて、独特な声が響き渡って、ステージから去った。素敵すぎる!

友達もみんな満足状態で、ああああ、終った。。。ちなみにセットリストは下記の通り。
Me käymme joulun viettohon - Jarkko
Heinillä härkien - Ari
Sydämeeni joulun teen - Ilja
Joululaulu - JP ja Ilja
Nissepolkka - JP
En etsi valtaa loistoa - Jarkko
Oi Jouluyö - Ari
Kun joulu on - Ari
Pieni rumpali - Marco ja Jarkko
Ilouutinen - Jarkko ja Ari
Sylvian Joululaulu - Marco
Varpunen Jouluaamuna - Marco
Petteri Punakuono - JP
----
Tonttu - Ilja
Ensimmäinen Joulu - Marco
Ave Maria - Jarkko


さてここでクイズです。
ステージに3本のもみの木がありました。なんの意味があったのでしょうか。(次は、K18ギッグ)

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。