スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raskas Joulu @ Kultakaivos (ヴァンター) 29.11.2008

待ちに待った、ラスカス・ヨウルライブ。。。これは、恐らく私の中では1番楽しみにしているライブかも知れないぐらい大好きなのです。今日は、朝から雨模様。夕方から既に友達のクリスマスパーティの参加もして、ヘルシンキ市内で今回の初めてライブに来るミネちゃんと待ち合わせ。そして、常連サムライも車で登場、3人でヴァンターまで向かった。偉い田舎の何もない所を走り、一体どこにあるんだろうね。。。とブツブツ言ってたら、Kultakaivosと言う小さなパブに到着。
まだ22時前だった為、パブに入る事も出来ず、隣のパブでカラオケをしているのは、なんと、アリパパでした。そこにしばらくいて、22時になったとたん、会場の方であるパブに移動。初ライブ経験のミネちゃんもキョロキョロ、落ち着かない様子。そして、じわじわと人が集まる。開演が24時と言う噂がとび、”えええ?”と。ビールでものみますっか?状態でまったりと開演を待つ。

そして、23時45分あたりで、じわじわと人が舞台の近くに寄り始める。ミネちゃんとせっかくだから、前の列にいくか?となり、最前列。最前列に立って初めて、舞台の狭さ。。。まさにアリオ君が言ってたニワトリ小屋状態。(ゲゲゲ、何も起こらなければ良いが。。。)そして、舞台の高さは?それが、全くない!同じ高さで、後ろは恐らく何も見えない状態。(この前の清水の舞台と極端すぎて・・・)
私達は、ヴィリーちゃんの前。そして、横にかなり酔っ払っているフィンランド人のおねえちゃんがいる。やばいやばい。。。

そして、24時にクリスマスソングが流れ、照明がキラキラ。。。おおおお、始まるぞ!とドキドキ状態。そして、バンドメンバー登場で、一番手のヴォーカルは、Machine MenのAnthony Parviainen。
めちゃめちゃ安定したヴォーカル、カリスマ性あり、渋い!。。。友達もニコニコしている。侍が”あれ、去年、刺青がすっごい入ってた人か?”と聞く。そうそう、Anthony様。ラスカス・ヨウルは、ヴォーカルが、2、3曲歌って、次に交代するシステム。それをおよそ、2、3ラウンドする。Anthonyのあとは、2番手は、Spumantti CrushのLuca Garganoが登場。ルカさんは、華が咲きまくり!テンションもいつも以上にHIGH。調子もめちゃ良い。会場のみんなにも歌わせたり、とても盛り上げる。そして、3番手は、Ari Koivunen。アリオが出てくると、会場は、ギャアア!と偉い声援。恐らく1、2列目は、アリオファンのみだった気がするぐらい、すっごい興奮ぶりだった。ヴォーカル的にアリオも安定しているが、何か落ち着かない様子。(やっぱり鶏小屋か。。。)

実は、アリオ君が登場する前に思わぬハプニングがありました。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。